「業務改革」の略語で、イトーヨーカ堂が最初に取り組んだ経営改革運動のこと。イトーヨーカ堂は、1983年から「死に筋商品の排除」「単品管理」「機会ロスの撲滅」を柱とした全社員参加型の運動を展開し、分権的な経営組織の構築や作業の再編成、マーチャンダイジングを中心としたシステムの最適化を図り、業績を劇的に改善し伸長させた。これに多くの企業が追従し経営改革運動を展開した。結果、小売業の経営の再構築の代名詞となっている。