開業後、満1年以上経過した店舗の検証時期・期間と比較した売上伸び率のこと。「(本年売上高/前年売上高)×100=既存伸び率(%)」で算出される。検証時期・期間は、時間帯、曜日、週間、月間、年間、期単位で分析する方法がある。業績の伸びを見る重要な経営指標であり、商品・サービス(役務)の売価の変化、客単価の変化、客数の変化などを合わせて、その要因を分析する。

この記事をいいね!する