デンソーウェーブが1994年に発表したマトリックス型2次元コードのこと。QRはQuick Responseの略。バーコードと比べて保持できる情報量が非常に多く、数字・英字・漢字にも対応している。個人レベルでは携帯電話の連絡先交換などに活用されているほか、法人でも各種会員登録、展示会等での販促などに活用されている。スマートフォンアプリなどで簡単に生成が可能である。