顧客がある商品を購入したついでに買う傾向の強い商品を併せて推奨販売すること。例えば、野菜や肉の売場に隣接してそれらとよく合う調味料を陳列することによって、その調味料の販売が刺激される。原則として売場は素材ごとに構成されているが、実際の消費過程ではその枠を超えてさまざまな組み合わせが発生する。消費現場から発想した組み合わせともいえる。道具や調味料などに多く見られる。