企業会計の一分野で、財務会計と対比される。財務会計が、会社法や金融商品取引法等の関係諸法に基づき、株主や債権者、税当局などに提出することを目的に作成されるのに対して、管理会計は、運営企業の経営手法に沿った経営管理を行う目的で作成される会計で、法的な制約を受けない。このため、管理会計の設計は各企業により独自性があり、一般的な作成に関するルールなどはない。