輸入貨物に対して通常輸入国の政府が課す租税のこと。輸入国における当該産業の保護と財政収入が主たる目的である。貿易自由化によって関税は大幅に引き下げられたが、一部の商品については現在も残っており、TPP締結に向けて主要な議題となった。