会社法上、取締役の職務執行を監査する機関であり、株主総会で選任される。監査役の設置は任意であるが、取締役会を設置している会社や公開会社は設置義務がある。監査役会を設置する場合は、3人以上が必要で、常勤監査役(会社内で、監査役職務に専念するもの)に加え、半数以上の社外監査役を設ける必要がある。監査役は、取締役の職務執行において、法令・定款違反行為がないか独立した立場で調査し、それを防止または是正することが主な職務となり、取締役会が設置されている企業においては、それに出席し、必要であると認めるときは意見陳述をする義務がある。