環境影響評価法に基づいて行われる事前の環境影響評価のことで、大規模な開発事業などの内容を決定するに際して、それが環境にどのような影響を及ぼすのかについてあらかじめ予測や評価を行うことが事業者に義務付けられている。評価は安全性、必要性、採算性など、多様な観点から行われる。評価結果は公表され、広く市民や自治会から意見を聴き、それらを踏まえて環境の保全の観点からよりよい事業計画を作り上げていくことが期待される。