Price Earnings Ratio=PERで、株価を1株当たり当期純利益で割った値。純利益に対して、時価総額(株価×発行済株式数)がどの程度の水準かを測る指標。数値が小さいほど割安といえ、数値が大きい場合は、投資金額に対する回収期間が長期になることから、割安感は薄まるが、その分、市場での成長性に対する期待が高いと捉えることもできる。PERは業種によってその水準感がある程度傾向として表れており、一般的にITなどの先進分野は高く、小売業は低い。