特定分野の商品群において圧倒的な品揃えを行い、低価格大量販売をする小売業のこと。カテゴリーキラーが出店すると、商圏内の競合店の当該カテゴリーの売上高が極端に低下し、取り扱いをやめてしまったり、部門廃止や縮小に追い込まれていったことからこの名が付いた。トイザらスが代表例。