家庭用品の表示を適正に行うために1962年に制定された法律で、消費者が日常使用する家庭用品の中で指定された繊維製品35品目、合成樹脂加工品8品目、電気機械器具17品目、雑貨工業品30品目を対象に商品の品質について事業者が表示すべき事項や表示方法を定めている。商品を購入する際に品質確認の判断材料にするために販売者や製造者などの表示責任者が適切な情報提供をすることが目的である。