商品を価格帯ごとにグルーピングし、その順に陳列する手法のこと。商品を顧客にとって見やすく、わかりやすく、選びやすいよう陳列するための手法の1つであり、顧客の選定動機を価格により比較検討させる有効な陳列法である。同一価格でグルーピングすることで購買決定も単純化、スピード化する。「100円コーナー」はその一例。