20世紀初頭にフレデリック・W・テイラーが考案した経営管理手法のこと。従来の経験や勘に頼った成り行き管理に対して、課業を設定して課業環境を整え、インセンティブ(報酬)を与えるといった一貫した手法を導入した。テイラーシステムとも呼ばれ、当初は工場における生産管理から始まったが、やがて販売・購買・財務・労務・事務、さらに全般管理の領域までに拡大、適用されるようになった。