カルテルの一種で、事業者が競合業者と製造品または取扱商品の販売価格を協定すること。もともとカルテルは企業相互の競争の排除ないし緩和を企図して結ばれる企業間の協定であるから、協定される価格は値下げ競争を排除する最低販売価格となる。価格カルテルは独占禁止法で禁止される不当な取引制限に該当し、行為の外見だけで違法と判断される。