チェーンストアの組織体系は職位、職能、階層で構成されるが、組織を垂直的な命令系統の観点から上下に分離させたもの。チェーンストア理論においては、次の3種類に大別される。①顧客・株主・取引先・社会に対して責任を負うトップマネジメント、②効率数値責任を負うスペシャリスト、③ワーカー(義務を負う作業者)。1人の監督者が監督する範囲が過大である場合には階層を増やすことが1つの解決策となるが、階層が多くなり過ぎると組織全体の管理距離(トップからボトムまでの管理上の距離)が長くなり、情報伝達、モラール(勤労意欲)などの点で支障が生じるため注意が必要となる。