いわゆる「改善」のこと。「カイゼン」表記は、主に製造業の生産現場で行われている作業の見直し活動のことを指す。作業効率の向上や安全性の確保などに関して、経営陣及び作業指示者からの指示のみで行動するトップダウン方式ではなく、現場の作業者が中心となり、知恵を出し合い、ボトムアップ方式で問題解決を図っていく点に特徴がある。