正式には「地球温暖化対策の推進に関する法律」といい、国際条約である京都議定書の採択を受け、地球温暖化をもたらす温室効果ガスの排出の抑制を促進することを目的として1998年に制定された。この法律に基づき、2006年からは温室効果ガスを相当程度多く排出する事業者などは自らの温室効果ガスの排出量を算定し国に報告することが義務付けられている。

この記事をいいね!する