店舗・EC(電子商取引)を含めた消費者との接点となっている全ての販売・物流チャネルを統合すること。類義語として複数のチャネルを活用するマルチチャネルがあるが、オムニチャネルはすべてのチャネルを統合することに重きを置いている。スーパーマーケットが特売品やメニュー提案をスマートフォンなどに送信し、店舗の近くにいる顧客を呼び込むのはこの一例である。これにより利用者はいつでもどこからでも購入が可能となり、購買機会が飛躍的に増えるとされている。

この記事をいいね!する