商品回転率向上のために仕入枠を設定し、その枠を守りながら在庫高の増減をコントロールしようとする技法のこと。商品回転率が重要視されるのは在庫高の増減が直接資金繰りに影響するからであり、売上高、商品回転率、売価変更、ロス率などを予想して仕入枠を決め、継続して修正することが必要になる。