店舗過剰のこと。ある商圏の消費購買力に対し、小売店舗などの商業施設が適正規模を超え、需要よりも供給が過剰になっている状態をいう。何をもってオーバーストアというかは明確ではないが、売場面積当たりの販売額の持続的低下はその1つの指標とみなし得る。大手スーパーマーケットの急激な出店合戦による収益力の低下、地方都市への大型店の出店などによる地元中小小売業への影響などから注目されるようになった。

この記事をいいね!する