家計の消費支出に占める食料費の割合のこと。ドイツの統計学者であるエルンスト・エンゲルが1857年に発表したもので、所得水準が高くなるに従って食料費支出の割合は低下する法則をエンゲルの法則と呼ぶ。ただし、生活習慣などが大きく異なる地域では比較できず、経済が成熟化するとかえってエンゲル係数が高くなることもある。

この記事をいいね!する