環境保全に役立つとして日本環境協会によって認定された商品に付けられるマークのことで、地球にやさしい暮らしを望む消費者の商品選択を支援するのが目的である。1989年から環境庁(現環境省)の指導のもとに事業が実施されており、製造業者や流通業者から申請された商品について日本環境協会が審査を行った上でエコマークの使用を認可している。