新株発行などによる資金調達のことで、株主資本(エクイティ)の増加を伴う。実際の払い込みを伴う増資や転換社債型新株予約権付社債(CB)の発行などを指す。貸借対照表上で負債の増加でなく期限の定めがない株主資本の増加を伴うのが大きな特徴で、企業の財務体質強化に役立つ。一方、投資家にとって、資本の増加が将来、収益の拡大を伴わなければ1株当たりの価値の希薄化や配当の低下などのリスクがある。投資家に対し企業は合理的な説明をする必要がある。

この記事をいいね!する