Leveraged Buyoutの略。買収先企業の資産価値や今後期待されるキャッシュフローを担保として資金調達を行い買収を行う。少ない自己資金でも大きな買収が可能となるので、てこ(レバレッジ)をもじってこのようにいわれる。資金融資先にとっても借り手にとってもリスクが高いので比較的業績が見通しやすい企業に用いるか、早期に一定の資産売却が可能な買収先に用いることが一般的な手法である。