物価水準が持続的に上昇した結果、貨幣価値が長期的に低下すること。その原因には、総需要が総供給を上回ることで起きる「需要インフレ」、原料や人件費などのコストの上昇によって起こる「コストプッシュ・インフレ」などが挙げられる。