生産システムを考察の中心対象とし、人、モノ、金、情報などの経営資源を科学的な方法で有効に使い、市場が要求する商品やサービスを高品質で低価格かつタイムリーに提供するための理論と技術のこと。当初は製造現場を対象とした改善・向上の技術であったが、その後は行動科学、社会科学、システム工学など多面的な要素を取り込み、多面的な経営管理技術として発展してきた。経営の技術であり、機械の技術ではない。

この記事をいいね!する