1911年にヨーゼフ・シュンペーターによって、生産手段や資源、労働力を従来にない方法で結びつけることを意味する概念として導入されて以来、大きな革新を指す言葉として定着した。「技術革新」と訳されることもあるが、経営システムや販売方法の革新などを含め広い分野で使われる。イノベーションは企業が持続的に成長していく上で不可欠なものであるが、そのきっかけは小さい場合が多く、大企業はしばしばそれを見過ごしイノベーションに後れを取ることがある。1997年、クレイトン・クリステンセンはそれを「イノベーションのジレンマ」と名付けた。

この記事をいいね!する