内外を問わず不測の要因により購買量や販売量が変動する場合に、欠品の発生を防ぐために必要とされる在庫水準のことで、最低陳列量をさすこともある。伝統的に流通業では需給の変動に対して、在庫を保有することによって調整してきた。この場合、保守的に判断すると安全在庫が過大となり在庫回転率が悪くなる。近年では調達システムを確立することにより、安全在庫を極小化しようとする傾向がある。