アカウンティング(会計)とレスポンシビリティ(責任)の合成語。会計責任のことであるが、そこから派生し、「説明責任」として使われる。権限移譲された職務について利害関係者へ説明する義務をいう。例えば、企業では経営者は財務内容の説明責任があり、政府はその政策について国民へ説明義務がある。

この記事をいいね!する