企業が自社の業務を外部の専門業者などに委託すること。技術やノウハウを持たない企業でも、外注することで調達コストが安定するとともに、専門性の高い業務や新規事業に進出することが可能になる。その半面、その業務に対する技術の習熟や知識の蓄積ができないデメリットがある。