「ジョジョの奇妙な冒険」連載25周年 荒木飛呂彦氏スペシャルインタビュー

荒木飛呂彦氏

 英国をルーツにしたジョースター家を巡る数奇な物語を描いたマンガ「ジョジョの奇妙な冒険」。1987年1月1日発行の「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し、今年で25周年を迎えた大河作品だ。単行本はシリーズですでに100巻を超え、その累計発行部数は8000万部を上回っている。

 連載25周年に当たる今年は、NTTドコモからコラボモデルのスマートフォン「L-06D JOJO」が1万5000台限定で8月に発売され、予約受け付け後すぐに終了する店が続出。ローソンなどのコンビニでも、コラボスナックなどを揃えたキャンペーンが展開され、グッズの売り上げが伸びている。

 また、10月からは初のテレビアニメが放送開始。現在は1部の「ファントムブラッド」を舞台に、主人公のジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーの成長と対決の物語が描かれている。7~8月には作者の荒木飛呂彦氏の出身地である仙台市で初の原画展を開催。その「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」は現在、森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ)で開催されており、こちらも大いに盛り上がりを見せている(11月4日まで開催)。

 現在発売中の「日経トレンディ11月号」では、「ジョジョの奇妙な冒険」の25年間の軌跡を追う特集を掲載している。ここでは、本誌に掲載された荒木氏の特別インタビューのこぼれ話を紹介しよう。