ガソリン車に比べれば高いけれど?

日産自動車「ノート e-POWER」と横浜本社ギャラリーで行われた発表会に特別ゲストとして登場した俳優の柳沢慎吾さん
日産自動車「ノート e-POWER」と横浜本社ギャラリーで行われた発表会に特別ゲストとして登場した俳優の柳沢慎吾さん
[画像のクリックで拡大表示]

 店舗に展示されていたのは上級グレードのノートe-POWER MEDALISTで、ナビなどのオプションを含む価格は約280万円とコンパクトカーとしてはかなり高い。セールス担当者によれば、e-POWERは約250万~約280万円を大まかな予算の目安に案内しているといい、この価格には登録諸費用や定番オプション、メンテナンスパックなどが含まれているという。つまりこの金額からもう少し総額を抑えることは可能なようだった。

 とはいえ総額が200万円以下に収まるガソリン車のノートに比べると、e-POWERはやはり高い。車両本体の値引きは小さいようだが、オプション装着や下取り車があれば交渉次第のようだ。

定番EV「リーフ」とはどう違う?

 日産のEV「リーフ」との違いを聞くと、「走りの感覚はほぼリーフ。リーフと違い、充電の心配がいらない。価格面でもリーフだと補助金を受けても価格が300万円半ばがいいところ。ノート e-POWERはEVとしてはかなりお買い得」とノートe-POWERを積極的に勧めるセールス担当者。ガソリン車を選ぶユーザーは予算重視の傾向が強いが、一方でアラウンドビューモニターなどを含む安全装備のパッケージ(約10万円)を装着する人も多いそう。これは昨今の事故のニュースなどを見て、ユーザーの安全機能への関心がどんどん高まっていることが影響しているようだ。

 ノートが好調なこともあり、セールス担当者は詳しく熱心に解説してくれた。この熱心さはユーザーに大きく響くだろう。また正直、値引きはできないと言われると思ったが「できる限りの努力をする」と話すのは、ノートがフルモデルチェンジではなく、あくまでもマイナーチェンジだからという理由もあるのだろう。

国内月販で首位に躍り出た日産ノートは誰が買ってる?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]