実はフルモデルチェンジはしていない

日産「ノート e-POWER」。エンジン車を含むノートの税込み価格は2WD車が139万3200~198万5040円、4WD車が171万1800~192万9960円
日産「ノート e-POWER」。エンジン車を含むノートの税込み価格は2WD車が139万3200~198万5040円、4WD車が171万1800~192万9960円
[画像のクリックで拡大表示]

 エンジンで発電した電気で走る新しいパワートレイン「e-POWER」を採用した改良型の日産「ノート」が2016年11月2日の発売後、約3週間で月間販売目標の2倍となる2万台を受注。このうち78%がe-POWERモデルだったといい、11月1カ月間ではエンジン車を含め販売数1万5784台を記録。この結果、ノートが軽自動車を含めた月間新車販売台数で1位に輝いた。同社が月販で首位に立つのは6代目「サニー」以来、30年ぶりとなる快挙だ。しかしノートは今回、フルモデルチェンジをしたわけではない。では、なぜここまで売れるのだろうか?

主なユーザーは30代~60代までの都市部の男性。HVセダンからの乗り替えも

 カギを握るのは、現在ノートの販売シェアの7割以上を占める、e-POWERモデルの存在だ。2016年1月~6月までのノートの月販台数は5万1575台で、月平均にすると約8600台。これに対し、11月は1万5784台で、ガソリン車だけのときより大きく上回っているのが分かる。この好調の理由を同社に尋ねたところ、大きく二つの理由があるという。

 一つはコンセプトの分かりやすさ。「電気自動車の新しいカタチ」と称して、これまでの電気自動車(EV)のような充電が不要で、ハイブリッドカー(HV)同様にガソリンを給油すればいいことがうまくアピールできた結果、今までEVに触れてこなかった人が関心を持ったこと。

 もう一つは、乗るとすぐに分かるEVの魅力だという。短時間の試乗でも、EVならではの走りと加速の鋭さが体感できる、分かりやすさだ。

 ユーザー層と販売地域を尋ねると、30代~60代までと幅広い年齢層の男性が中心で、全国的に好評だが、特にHVコンパクトカーの需要の高い都市部近郊で人気らしい。市街地で運転することが多いユーザーが、e-POWERを気に入るようだという。

 また乗り替えは、ノート全体ではやはりコンパクトカーからが最も多いが、e-POWERについてはセダンやミニバンからの乗り替えが通常よりも多い傾向にある。特に上級グレード「e-POWER MEDALIST」は、内装の高級感などのためか上級車種からの流入もあるという。これまでHV車に乗っていた顧客の乗り替えも好調だそうだ。

 つまりノート e-POWERのEVとしての魅力を理解した幅広い層から支持され、同クラスのコンパクトカーだけでなく、大きなクルマからの乗り替えが進んでいるわけだ。

国内月販で首位に躍り出た日産ノートは誰が買ってる?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]