犬用のごはんを家庭で手作りする動きがブームの気配だ。2015年秋に開催された愛犬のための料理教室には多くの飼い主たちが集まり、盛り上がりをみせた。ペットにも健康志向の流れが押し寄せていることが背景にある。

 一般社団法人ペットフード協会の調べによると、現在の犬の平均年齢は14.17歳。83年の独自調査では7.5歳だったというから、ここ30年で倍近くも伸びたことになる。現在、飼い犬の年齢は7歳以上の割合が53.4%を占めており、そのうち10歳以上の高齢犬も実に19.7%にのぼる。日本の犬社会も、人間同様に高齢化社会なのだ。

 その要因の一つは、ドッグフードやおやつの定着による栄養バランスの取れた食事、ペット保険の充実によって診療機会が増えたこと。さらに、犬用のジムやプールといった運動施設なども増加している。同協会によると、高級ドッグフード市場は431億円、その他、健康志向を反映した消費の伸びが目立っているという。

 「愛犬のためのワンコイン料理教室」は、ペットの総合情報サイト「ペット生活」やペットの動画・画像配信サイト「PetFilm」などを運営するヴェイプスが開催した。この日のメニューは「アイス風わんごはん」。焼いたさつまいもをつぶしてシュガーコーンの上にのせ、アイス風に仕立てたものだ。「普段から愛犬のごはんは手作りしているのですが、こんなに可愛らしい食事ができたらうれしい。休日など時間に余裕がある時に作ってあげたいですね」などの声が聞かれ、評判も上々だった。

スマホカメラで熱心に撮影する料理教室の参加者たち
スマホカメラで熱心に撮影する料理教室の参加者たち
[画像のクリックで拡大表示]
この日の題材となった「アイス風わんごはん」(左)と、「カップケーキ風わんごはん」(右)。いずれも、可愛らしさを追求した“ハレの日” メニュー
この日の題材となった「アイス風わんごはん」(左)と、「カップケーキ風わんごはん」(右)。いずれも、可愛らしさを追求した“ハレの日” メニュー
[画像のクリックで拡大表示]