いよいよ年末。大掃除の季節がやってきた。掃除グッズを買いに100円ショップを訪れる人も多いだろう。そんななか、SNS、特にインスタグラムを使った“見せる掃除”が流行しそうな予感だ。インスタグラムで掃除グッズ情報を発信する2社に、今年の大掃除のトレンドとおすすめの掃除グッズを聞いた。

キャンドゥは“デコる投稿”でフォロワー数16万人超え

 インスタグラムは、無料の画像共有サービス。投稿する写真のジャンルに関するハッシュタグをつけることで、ほかのユーザーが検索しやすくなる。料理やペット、ファッションに関する投稿が多く、女性ユーザーが多いのも特徴。それに目をつけ、2015年8月に公式アカウントを開設したのが、100円ショップのキャンドゥだ。

 投稿しているのは、主に化粧品やインテリア関連の雑貨。ただ写真を載せるのではなく、パーティーグッズはカップケーキやロールケーキと一緒に写す、キャラクターの巾着の回りにお菓子を散りばめるなど、”デコる投稿”で女性からの支持を集めている。フォロワー数は2016年12月8日時点で16万人を超えた。公式アカウント開設後、10~20代の利用客が増加し、「いいね!」の数が多くついたインテリアやネイル関連商品の売り上げが大きく伸びたという。

 「文字で情報を伝えるフェイスブックやツイッターより、写真一枚で商品の特徴が伝わると考え、インスタグラムを開設した」とキャンドゥ広報の栗田梓未氏。インスタグラム掲載後に売り上げが2倍近く増える商品も多いというが、なかでも大きな反響があったのが、2016年7月に発売された「メラミンおばけスポンジ」だ。

“100均グッズでインスタ掃除”がトレンド?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 洗剤を使わずに水だけで汚れが落とせるメラミンスポンジを、おばけの形にしたもの。実用品でありながら見た目がかわいらしいことで、ある程度の売れ行きを見込んでいたが、インスタグラムへの掲載が大きな反響を呼び、予想を上回る売れ行きに。一時的に生産が追いつかないこともあったという。

 メラミンおばけスポンジを購入後にキャンドゥの投稿を真似、デコって投稿するユーザーも続出した。壁に吊るしたり絵の具で色付けしたりと、アレンジはさまざま。特にハロウィンの時期には、パーティーの飾り付けとして使用した写真が多く投稿されていた。また、アレンジして遊ぶだけでなく、本来の目的通り「今からこれで掃除する」とメラミンおばけスポンジの写真とともに掃除への「決意」をアップする人もいた。