「冷え性」といえば、女性の悩みのひとつとして知られていたが、最近は男性も冷えで悩んでいる人が増えているという。

 リンナイが首都圏の20~40代の男女400人を対象に行った調査によると、自身の体質が「冷え性」だと感じている人は男女全体の6割に上り、男性では約4割の人が冷え性だと自覚していることが分かった。

男性200人に調査した結果、約4割が冷え性だと自覚しているようだ(2017年1月、リンナイ調べ「冬場の冷えと暖房事情」から引用)
男性200人に調査した結果、約4割が冷え性だと自覚しているようだ(2017年1月、リンナイ調べ「冬場の冷えと暖房事情」から引用)
[画像のクリックで拡大表示]
冷えていると感じる体の部位は85%が足先という結果が出た(2017年1月、リンナイ調べ「冬場の冷えと暖房事情」から引用)
冷えていると感じる体の部位は85%が足先という結果が出た(2017年1月、リンナイ調べ「冬場の冷えと暖房事情」から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、男女ともに冷えを最も感じているのは足先だという。男性では約8割の人が足先の冷えに悩んでいるようだ。

 そこで手っ取り早く冷えを解消するために取り入れたいのが靴下。ただし、冷えを感じている人が必要としているのは、通常のものよりも厚手や温まる機能のあるもの。実は、数年前までは、アウトドア用の厚手の靴下はあったが、手軽に手に入る冷え対策の靴下はほとんどが女性用だった。

 「女性用にしか作っていなかった『まるでこたつソックス』を購入する男性が増え、男性用も作ってほしいという要望が多く寄せられた」(岡本 マーケティング戦略室広報の淺井有希氏)、「女性向けに発売した冷え対策の『つま先インナーソックス』のユーザーの約4割が男性だった」(桐灰化学 マーケティング部ブランド戦略課の山下直子氏)と、冷え対策靴下を出すメーカーには冷えに悩む男性の声が多く寄せられていたのだという。

 そこで各メーカーが男性用を発売したところ、予想以上に売れているのだ。現在では多くのメーカーが男性用の冷え対策靴下を発売している。今回はそのなかでもリピーターが多く、ヒットしている3つのメーカーの靴下が売れているワケを探った。