【第二のトレンド】”食の原宿戦争”が勃発!?

 これまで食の選択肢があまり豊富とはいえなかった原宿エリアに食をメインにした商業施設が相次いで開業。“食の原宿戦争”勃発の様相を呈している。

 まず2015年3月に、渋谷と表参道をつなぐ明治通り沿いに新施設「キュープラザ原宿」がオープン(関連記事「原宿の真ん中に“朝食ビル”!? テラス席も豊富な商業施設「キュープラザ原宿」」)。アパレル「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ」初のレストラン併設ショップのほか、スペースシャワーネットワークのカフェ「AREA-Q」やポートランド発の老舗パンケーキ店「オリジナル パンケーキハウス」など、飲食店11店舗が出店。また目玉焼きボウルなど朝食の新しい楽しみ方を提案する「グッドモーニングカフェ&グリル キュウリ」(3階)、スムージーやアサイーボウルなど健康的な朝食メニューが充実しているハワイアン・カフェ&ダイニング「アロハテーブル」(3階)など、朝食を充実させる店が目立ったのが特徴的だった。

 4月には、原宿のランドマーク的な商業ビル「ラフォーレ原宿」に「ヘルシー」「トレンド」をキーワードにした新感覚のフードコート「GOOD MEAL MARKET」がオープン。日本初上陸のメキシカン・プレミアムファストフード「グズマン イー ゴメズ」、天然のハチミツが詰まったハチの巣(コムハニー)など自然素材で作ったオーガニック・アイスクリーム専門店「ミルクカウ」、行列が絶えないフレンチフライ専門店「アンド ザ フリット」(関連記事「「ポテサラ専門店」に男が殺到!? “高級フレンチフライ店”にも行列の理由」)の3店。

 さらに10月には商業施設「カスケード原宿」がオープン(関連記事「日本初上陸が勢ぞろい! “原宿食戦争”を激化させる新施設「カスケード原宿」とは?」)。 7店舗中、3店舗が日本初上陸の人気店(英国ロンドンで1日に1万5000個も売れているというカップケーキ専門店「ローラズ・カップケーキ」、台湾・中国を中心に世界で650店舗を展開している人気カフェチェーンの新業態店「彩茶房(さいさぼう)」、行列の習慣がないイタリアで行列の絶えないピザ店「スポンティーニ」)。さらに本格メキシコ料理店「ラス ドス カラス- モダンメキシカーノ イ タコス」を含む4店など、エッジの効いた飲食店がそろった。

「カスケード原宿」に初出店したローラズ・カップケーキ東京
「カスケード原宿」に初出店したローラズ・カップケーキ東京
[画像のクリックで拡大表示]