2015年は10月の大雨などで白菜やネギなどの鍋用野菜が高騰し、鍋シーズンのスタートが遅れた。11月に入っても体感温度が例年ほど下がらず、12月1日発表の気象庁の長期予報によると、今冬は6年ぶりの暖冬だという。鍋つゆを販売している食品メーカーのため息が聞こえてきそうだ。

 そんななか、新たなトレンドが出てきた。大手メーカー3社がそろって、独自製法の「だし」を強く打ち出したシリーズを新たに投入しているのだ。キッコーマン食品はだしの素材をパウチの中に入れた「キッコーマン 贅沢だしがおいしい」シリーズを、ヤマキは「だしで味わう だし屋の鍋」シリーズを発売。「野菜のうま鍋」シリーズが好調なメーカー久原醤油(福岡県久山町)も、あごだしと自社製カツオ魚醤(ぎょしょう)を合わせた「あごだし鍋」シリーズを投入した。

 3社ともそれぞれに鍋つゆでは安定した人気の既存商品を持っている。なぜ今、だしに特化したシリーズを発売する必要があったのか。

パウチ内で厚削りのカツオ節を使ってとっただしを使用した「キッコーマン 贅沢だしがおいしい」シリーズ3品(各希望小売価格340円)
パウチ内で厚削りのカツオ節を使ってとっただしを使用した「キッコーマン 贅沢だしがおいしい」シリーズ3品(各希望小売価格340円)
[画像のクリックで拡大表示]
ヤマキ「だしで味わう『だし屋の鍋』」シリーズ4品(各標準小売価格350円)
ヤマキ「だしで味わう『だし屋の鍋』」シリーズ4品(各標準小売価格350円)
[画像のクリックで拡大表示]
久原醤油「あごだし鍋」シリーズ3品(各350円)
久原醤油「あごだし鍋」シリーズ3品(各350円)
[画像のクリックで拡大表示]