坂本龍馬が近江屋事件で命を落とす直前に食べようとしていたほどの好物の軍鶏鍋をイメージしたという「軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ」(標準小売価格300円)
坂本龍馬が近江屋事件で命を落とす直前に食べようとしていたほどの好物の軍鶏鍋をイメージしたという「軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ」(標準小売価格300円)

鍋つゆの新トレンドは「パウチの中でだしをとる」!?

2016年01月05日
  • パウチ内で厚削りのカツオ節を使ってとっただしを使用した「キッコーマン 贅沢だしがおいしい」シリーズ3品(各希望小売価格340円)
  • ヤマキ「だしで味わう『だし屋の鍋』」シリーズ4品(各標準小売価格350円)
  • 久原醤油「あごだし鍋」シリーズ3品(各350円)
  • 贅沢だしがおいしいシリーズでは素材をまるごとパウチの中に入れてだしをとる「パウチ内だし抽出製法」を採用しており、加熱によるだしの劣化が少ないという
  • 「鰹だしよせ鍋つゆ」に入っているカツオ節はこのボリューム
  • 鍋つゆの新トレンドは「パウチの中でだしをとる」!?(画像)
  • 鍋つゆの新トレンドは「パウチの中でだしをとる」!?(画像)
  • 坂本龍馬が近江屋事件で命を落とす直前に食べようとしていたほどの好物の軍鶏鍋をイメージしたという「軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ」(標準小売価格300円)
  • 鶏系地鶏だし塩鍋つゆに次いでよく売れている「豚しゃぶ野菜鍋つゆ」(標準小売価格350円)
  • 「軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ」。だしのバランスのよさとショウガの隠し味で味に複雑な変化があり、最後まで食べ飽きなかった
  • あごだし鍋シリーズの「あごだし寄せ鍋」。シメの雑炊で特にあごだしの力強いうまみを痛感