最短6分で氷が作れる

 これまでの“常識”を覆し、使い方を大きく変えるキッチン家電もある。

 最短6分というスピードで氷を作れるのが「新型高速製氷機」(405)だ。氷点下まで冷えた冷媒管を水に浸し、その回りにできた氷を次々とためていく仕組み。氷の形はユニークだが1度に9個作れる。2時間もすればアイスケースいっぱいの氷が出来上がるので、急な来客時などに役立ちそうだ。

最短6分! 次々に氷を作り出す製氷マシン
 急な来客など、多くの氷が必要になったときに役立つ自動製氷機。タンクに水を入れて電源をオンにするだけで、氷が自動的に作られる。氷はSとLの2サイズで、内部が空洞になった丸みのある形状。室温などの条件にもよるが、Sサイズの氷は最短だとたったの6分でできる。1度に作れる氷の数は9個で、2時間も稼働させておけば付属ケース1杯分の氷がたまる。
新型高速製氷器(405)
新型高速製氷器(405)
実勢価格:2万4800円(税込み) ●サイズ・重さ/幅242×高さ328×奥行き358mm・重さ9kg ●製氷能力/約12kg/日 ●氷保管量/約700g ●タンク容量/約2.2L ●消費電力/110W
[画像のクリックで拡大表示]
トレーにくみ上げられた水に冷却管を入れ、その周りに氷が急速にできる仕組み
トレーにくみ上げられた水に冷却管を入れ、その周りに氷が急速にできる仕組み
[画像のクリックで拡大表示]
約2Lの水が入るタンク
約2Lの水が入るタンク
[画像のクリックで拡大表示]
Lサイズの氷は、幅約25mm、高さ約30mm程度
Lサイズの氷は、幅約25mm、高さ約30mm程度
[画像のクリックで拡大表示]
約2時間運転させると、付属ケースが氷で満杯になった
約2時間運転させると、付属ケースが氷で満杯になった
[画像のクリックで拡大表示]
1度に9個の氷ができ、飲み物1杯分の量となる
1度に9個の氷ができ、飲み物1杯分の量となる
[画像のクリックで拡大表示]
氷のサイズ選択や電源ボタンなど操作部はシンプル。氷が満杯になるとランプが点灯する
氷のサイズ選択や電源ボタンなど操作部はシンプル。氷が満杯になるとランプが点灯する
[画像のクリックで拡大表示]

(文/日経トレンディ編集部)


「日経トレンディ」12月号のご案内
【特集】発表! ヒット予測Best30
【特集】ニッポンの良さを知り、再発見。
【特集】こんな「手帳」が欲しかった!!


日経トレンディ 12月号
11月4日発売
特別定価:620円(紙版、税込み)
発 行:日経BP社

AMAZONで買う
楽天ブックスで買う
日経BP書店で買う