この記事は「日経トレンディ」2015年10月号(2015年9月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 冷凍庫や冷蔵庫などにある食材を適当に並べてボタンを押すだけで料理が完成――。“究極のずぼら料理”ができる調理家電が「ヘルシオ AX-XP200」(シャープ)だ。例えば冷凍エビや冷蔵の鶏肉、常温の野菜など、温度が異なる食材を角皿に並べ、「まかせて調理」メニューにある「網焼き・揚げる」ボタンを押す。たったこれだけで並べた食材がムラなく焼き上がった。食材の分量を気にすることもなく、1人分でも4人分でも設定なしでボタンを押すだけ。難しい操作や複雑なレシピなどがいらず、ここまで手軽に料理ができてしまうのは大きな驚きだ。冷凍食材をそのまま使えるため、「解凍し忘れて料理ができない」といったありがちな失敗がないのもうれしい。

食材が「冷凍」でも「常温」でも一緒に調理が可能
 冷凍、冷蔵、常温など温度が異なる食材を同時調理できる「まかせて調理」を搭載したオーブンレンジ。食材の分量を量る必要もなく、「焼く」「蒸す」などのボタンを押すだけで調理ができる。画期的で非常に便利だ。冷凍のエビや冷蔵の鶏肉、常温の野菜を「網焼き」で同時に調理したところ、生焼けや焦げなどもなく、どれも程よく焼き上がった。
ヘルシオ AX-XP200(シャープ)
ヘルシオ AX-XP200(シャープ)
実勢価格:15万210円(税込み) ●サイズ・重さ/幅490×高さ420×奥行き430mm・約25kg ●総庫内容量/30L ●レンジ出力/1000W、600W、500W、200W ●消費電力/1460W(レンジ)
[画像のクリックで拡大表示]
冷蔵の肉類や冷凍エビ、常温の野菜などを同時調理できた。加熱の微調整も可能で、食材が小さい場合などは「ひかえめ」設定にしたほうがいい
冷蔵の肉類や冷凍エビ、常温の野菜などを同時調理できた。加熱の微調整も可能で、食材が小さい場合などは「ひかえめ」設定にしたほうがいい
[画像のクリックで拡大表示]
まかせて調理では、「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」の4つの調理法を選べる
まかせて調理では、「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」の4つの調理法を選べる
[画像のクリックで拡大表示]
同時調理した食材。どれもこんがりと焼け、野菜は驚くほどみずみずしかった
同時調理した食材。どれもこんがりと焼け、野菜は驚くほどみずみずしかった
[画像のクリックで拡大表示]

 ヘルシオは主に「過熱水蒸気」で調理を行う。100℃以上に加熱した過熱水蒸気の特性は、「温度が低い食材に、より多くの熱を与えること」(シャープ)。さらに新開発した赤外線センサーと温度センサーで、食材の温度をチェックしながら過熱水蒸気の量や時間を調節。こうした特性や新技術により、冷凍や冷蔵の食材が混在していても同時調理できる、進化したオーブンレンジが生まれたのだ。

 まかせて調理の設定は、食材を入れてから「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」のいずれかを選ぶだけ。多数のメニューや複雑なレシピといった従来のオーブンレンジのイメージは根底から覆される。「食材の種類や状態、量などを気にせず、フライパンや鍋を使う感覚でオーブンレンジを使ってほしい」(シャープ)と話す。

上下2段を使った「焼き・蒸し同時メニュー」もある。上段で春巻きを揚げ、下段で小籠包を蒸すといったことができる
上下2段を使った「焼き・蒸し同時メニュー」もある。上段で春巻きを揚げ、下段で小籠包を蒸すといったことができる
[画像のクリックで拡大表示]
斬新な用途を生み出した“進化系家電”! 冷凍も常温も同時調理、リビングで薫製(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
斬新な用途を生み出した“進化系家電”! 冷凍も常温も同時調理、リビングで薫製(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
まかせて調理で生麺とカット野菜、粉末ソース、冷凍肉を炒めたところ、簡単に焼きそばが完成
調理に使う水を入れるタンクは本体下に設置
調理に使う水を入れるタンクは本体下に設置
[画像のクリックで拡大表示]
角皿や調理網、ミトンなどが付属する
角皿や調理網、ミトンなどが付属する
[画像のクリックで拡大表示]