下半期にもう一つ目立ったのが、ありそうでなかった利便性を提案する「技あり『感嘆・便利』」商品だ。共働き世帯の増加で時短が求められる一方で、レンジ調理ではないひと手間をかけ、達成感を得たいという心理がある。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>