「生活(消費)が変わるトレンド&イノベーション」をテーマに東京・秋葉原で開催された「TRENDY EXPO TOKYO 2015」。ベルサール秋葉原1階の展示会場奥に設置されたシアター会場でもさまざまな講演が行われた。その2日目の様子をレポートしよう。

ペッパーは何もできないけどスゴイ!

 ペッパーを発表当初から取材してきたITジャーナリスト 神崎洋治氏は、いきなり「ペッパーは現時点ではそのままでは驚くようなことは何もできない」としながらも、そのペッパーの革新的な部分や将来性について述べた。

ITジャーナリスト 神崎洋治氏
ITジャーナリスト 神崎洋治氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ペッパーは本体の販売ではもうけはほとんどなく、3年間の使用料で収入を得るビジネスモデル。またスマホアプリのようにロボアプリを開発して利用でき、すでに200社以上がアプリ開発に参入しているという。状況を判断して自律的に動くのがペッパーの特徴だが、現在のところ受付業務などに使うのにとどまっている企業が多い。

 ペッパーがロボットの世界において衝撃的だったのは、感情認識エンジンを持つロボットであり、さらに感情生成エンジンによってロボットに心を入れることに挑戦していることだという。感情認識エンジンは、相手の話し方などから感情のデータを学習して蓄積し、それを理解できるようになる機能のことだ。感情生成エンジンは、電子的に疑似的な神経伝達物質を持ち、感情を作ってタブレットで表現する。こうした取り組みの裏には、ロボットが人のために活躍する漫画やアニメが多い日本ならではの発想があるという。

 将来の可能性として、ペッパーはすでにIBMの質問応答システム「ワトソン」との連携を果たしているが、コンピューターが人間の脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)が近い将来に訪れるといわれており、こうしたクラウド、ビッグデータ、人工知能、IoTとの連携が進むことでペッパーは無限に性能アップしていける可能性があるという。