TRENDY EXPO TOKYO 2015の初日である11月20日、ウエアラブル、家電、ヒット分析&予測をテーマにセッションが開催された。いずれのセッションもほぼ満席で、参加者は真剣な表情でイノベーターの声に耳を傾けていた。

ウエアラブル機器のブレイクスルーが見えた!

 まずはウエアラブルのセッションから。登壇したのは、NTTドコモから西口孝広氏、ソニーから對馬哲平氏、Jawboneから岩崎顕悟氏。さまざまな業種からの参入が相次いでいるウエアラブル機器市場の将来性、課題、解決策について業種の垣根を越えて討論された。

 リストバンド型ウエアラブル機器・UP2、UP3の開発・提供をしているJawboneの岩崎氏は、現在の米国と日本の市場の違いについてこう切り出した。

AliphCom Inc. DBA Jawbone General Manager(日本代表)の岩崎顕悟氏
AliphCom Inc. DBA Jawbone General Manager(日本代表)の岩崎顕悟氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「現在、米国での販売数は約1000万台。購買層の男女比率でいうと、男性と女性は半々くらい、もしくは女性の方が若干購買数は上回っています。対して、日本での購買層は男性が約7割となっています」(岩崎氏)

 日本における男女間の差がこれほど出ている原因は、新しいものを取り入れるのは男性のほうが早い傾向にあるためという。つまり、アメリカで女性に受け入れられているというのは、市場が成熟している証。日本ではまだまだ市場が確立されていないということだ。では、なぜアメリカでは市場が確立しているのか? その鍵は医療市場にある。

 「2014年1月、アメリカでは通称オバマケアと呼ばれる国民皆保険制度が始まりましたが、国民の意識として、まだまだ病気を未然に防ぐという意識がとても高い。病気になると高額な治療費がかかるためです」(岩崎氏)

 アメリカでは健康を保つためであれば投資を惜しまない。それが、市場の確立につながっている。まだ日本の市場は成熟していないが、NTTドコモの西口氏は今後普及していく可能性はあるという。

NTTドコモ ライフサポートビジネス推進部 ヘルスケア事業推進 担当課長 西口孝広氏
NTTドコモ ライフサポートビジネス推進部 ヘルスケア事業推進 担当課長 西口孝広氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「日本での健康志向は年々高まっています。運動への関心や健康な食事など、病気への予防意識が高まっていると言えます。健康市場とウエアラブル機器市場が相互作用で活性化することを望んでいます」(西口氏)

 NTTドコモでは、着用するだけで生体情報を計測できるウエアラブル型機能素材を開発している。その名はhitoe(ヒトエ)。

 「hitoeのシャツには電極パッチがついています。体に密着していることで、心拍データをはじめとした体内データを収集することが可能です。バイタルデータを活用することで、運動や医療など、さまざまな分野への活用を視野に入れています」

 ソニーでは腕時計型ウエアラブル端末を開発している。こちらの名はwena(ウェナ)。

ソニー 新規事業創出部 wena事業準備室 統括課長 對馬哲平氏
ソニー 新規事業創出部 wena事業準備室 統括課長 對馬哲平氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「腕時計のバンド部分が本体のウエアラブル機器となります。ヘッド部分は取り外しが可能なので、好きなアナログ時計と組み合わせられる楽しさがあります。機能としては、電子マネー、着信やメール受信を伝える通知機能、活動量を把握できるログ機能の3つがあります」(對馬氏)

 この3点に絞った理由は、持ち物を減らしたいという理由だという。

 「今ではスマートフォンで通話も音楽を聴くこともゲームをすることもできるが、それに近い存在へとつなげていきたいと考えています」(對馬氏)

ウエアラブル機器の未来とは?

 西口氏は、hitoeがもたらす未来について、2つの大きな方向性を提示した。

 「まずは運動を軸に筋肉の動きをつかむ研究。例えば、ゴルフをするとき『余計な力を抜いて』と言われるとします。“余計な力”と言われても、いまいちピンとこない。でも、hitoeのデータを生かすことで、どの筋肉の力を抜いて、どの筋肉の力を使えばいいのかが可視化できるのです」(西口氏)

 それによってスポーツを別の角度から楽しむことができるようになる。そして運動とともに注力しているのが医療分野だという。

 「健康診断で心電図検査を受けますが、時間にして約10秒。こんな短い時間で不整脈を発見するには限界があり、潜在的な不整脈患者は相当な人数にのぼるといわれています。hitoeは常時身に着けることで自然にデータを収集できます。大病を未然に防ぐには、それなりのデータが必要で、医学的な見地からも世の中に役に立つウエアラブル機器だと確信しています」(西口氏)

 一方、wenaはクラウドファンディングで高い評価を受けており、受付開始2日で、プロダクト系で国内史上最高支援額を更新。最終的には目標額の10倍となる1億円以上の支援を受けることができた。人気を集めた理由を對馬氏はデジタルとアナログの共存にあるのではないかと推測する。

 「技術革新にはステップが必要で、世の中のすべてのツールがいきなりデジタルに移行するとは考えにくい。電子書籍と誌面が共存しているように、アナログのかっこよさとデジタルの利便性が市場に評価されたのだと考えています」(對馬氏)

 こうしたウエアラブル機器は、私たちの生活にどのような形で入り込んでくるのか、岩崎氏は2つの側面が考えられるという。

 「1つはID。あるコンビニでは、ポイントカードの有無を聞かれます。いわゆる個人情報の提示ですよね。あの機能をウエアラブル機器に入れることを検討しています。例えばクレジットカード機能ですね。すでにアメリカではシステムが完成しています」(岩崎氏)

 ほかにも、体内計測と連動し、部屋に入るとその人の体温を検知したうえでエアコンを最適な室温に調整してくれる機能などで、個人を特定してくれる存在にもなりうるという。

 「もう1つが遠隔治療。私の母が大阪に住んでいるのですが、母がUP2をつけていることで、食事や散歩の状況が遠くにいながら把握できます。何か異変があればこちらから連絡を取ることもできます。IoT(モノのインターネット)が叫ばれて久しいですが、もう間近に実用性が迫っていると言っていいでしょう」(岩崎氏)

ほぼ満員の会場は熱気に包まれた
ほぼ満員の会場は熱気に包まれた
[画像のクリックで拡大表示]

ウエアラブル機器のブレイクスルーとは?

 ウエアラブル機器が普及するためには、関係者同士の密着感が鍵になると西口氏はいう。

 「例えば、血圧や体脂肪などのデータを医療従事者やフィットネスのコーチといったプロの方と一緒に活用することが重要です。NTTドコモはモバイルの会社です。スマートフォンと連動させて、専門の方々とのコミュニケーションの仕組みを作ります」

 モバイル通信網をどう生かすかもポイントになる。

 「モバイル通信を生業としている当社だからこそ、ノウハウも持ち合わせています。モジュール機器をウエアラブル機器に搭載するなど、安価に高機能を提供できる仕組みを作り上げたいですね」(西口氏)

 岩崎氏は、Jawboneでのブレイクスルーについて、ウエアラブル機器にSIMを搭載して、直接通信を可能にしたいと語る。

 「データを収集できても、高齢者や専門知識を持ち合わせていない素人にとっては、データを見ただけでは何も分からない。直接ネットワークにつながっていて、専門家がダイレクトに見て、レクチャーする。そういうデバイスやハードウエアづくりを積極的に推進していきます」

 冒頭で話題に上がった女性を取り込む秘策もあるという。

 「装着することでのベネフィットを提供したいですね。ダイエットにつながるとか、お肌のツヤが良くなるとか。女性の心をつかむマーケティングが必要です。業界全体で考えていく必要があると思います」(岩崎氏)

 ソニーでは女性市場をどのように考えているのか。

 「wenaの本質は持ち物を減らすことにあります。女性はスカートなどポケットのないファッションをすると、鞄のなかに物をすべて入れなくてはいけません。そうなると、カギや財布を取り出すとき、ゴソゴソと鞄を探る必要がある。この手間を省けるウエアラブル機器がwenaだと考えていますし、普及を促すためにはブランド力とデザイン性の追求も必要だと思います」(對馬氏)

 女性の支持層拡大など、日本の市場を開拓する余地が存在するウエアラブル機器市場。健康分野、IDとしての役割やセキュリティ分野など、私たちの生活にどう関わってくるかを、今後も楽しみに見ていきたい。

【TRENDY EXPO】ウエアラブル、家電、ヒット分析…11月20日の白熱の専門セッションをレポート(画像)
[画像のクリックで拡大表示]