頭をすっぽり覆うかまくら型が、不眠を解消する?

 かまくら型のデザインがユニークな「かぶって寝るまくらIGLOO」。オリジナルの健康・美容グッズを展開するプロイデアと睡眠専門医・坪田聡氏が共同開発した、安眠に必要な環境を手軽に作り出せる枕だという。

 「寝室の環境で重要なのは、温度や湿度、明るさ、音。特に快適に入眠するためには、強い光を浴びない、静かな場所で眠る、適度な閉塞感を出す、という3つの要素が大切」(坪田氏)

 そこで開発したのが、かまくら型のドーム構造。外壁部分に吸音スポンジやアルミシートなどを使用した特殊構造で、音と光を効果的に遮断する。

 さっそく仕事の合間に「かぶって寝るまくらIGLOO」で昼寝をしてみた。外の工事の音や窓からもれる光が気にならず、すぐにリラックスモードに。筆者は狭い空間があまり得意ではないが、寝返りを打てる程度の広さがあったので、包まれているような安心感も得られた。また、顔回りがほんのり暖かくなるので、寒い日の夜にも活躍しそうだ。

「かぶって寝るまくらIGLOO」(9800円)。中に自分の枕を入れて使用する。折りたためるので、収納にも困らない。幅72×奥行き55×高さ36cm。
「かぶって寝るまくらIGLOO」(9800円)。中に自分の枕を入れて使用する。折りたためるので、収納にも困らない。幅72×奥行き55×高さ36cm。
[画像のクリックで拡大表示]