昔からスーツをあつらえることは紳士のステータスだ。それなりに時間がかかり、費用も高額なので、経済的に余裕のある企業社長やエリートビジネスパーソンなど「デキる男の象徴」といった感がある。しかし、2016年に入ってから紳士服量販店が次々と20~30代向けのオーダーシステムを展開し、ハードルはぐっと低くなった。

 青山商事は銀座に「UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE'S(ユニバーサル ランゲージ メジャーズ)」を、AOKIも11月からタブレット端末を用いた新オーダーシステム「AOKI OASYS」を開始した。かなり簡素化されてはいるが、ユニクロもセミオーダー感覚のジャケットを発売している。そんななか注目なのが、リアル店舗とスマホアプリを融合させたコナカの新ブランド「DIFFERENCE(ディファレンス)」だ。

 「ディファレンスの構想は2年ほど前から。高級ブランドとファストファッションを組み合わせるなど、ファッションで個性を出したい20~30代のビジネスパーソンをターゲットに、本物志向でありながら、短期間で手の届く価格のオーダースーツのブランドを立ち上げることはできないかとプロジェクトチームを結成しました。従来にありがちな“ハードルが高く、すべてフィッター任せ”というイメージではなく、わかりやすくて簡単、いつでもどこでも自由にオーダーできるという体験を提供したかったのです」(中嶋氏)。価格はメンズ・ウィメンズともに、3万5000 円から。生地のグレードにより5段階で設定している。

東京・表参道にオープンしたコナカの新ブランド「DIFFERENCE(ディファレンス)」
東京・表参道にオープンしたコナカの新ブランド「DIFFERENCE(ディファレンス)」
[画像のクリックで拡大表示]