地方発ヒット商品開発の弱点といえば、素材や伝統の技術は素晴らしいのに、市場の大きい現代の都市生活者のニーズにマッチしていないことだ。自慢の技を持つ地域にマーケティングの専門家が入ってアドバイスすると高い質感を持った逸品が出来上がった。
 今回紹介する品々は11月25日から27日まで東京・ビッグサイトで開かれる家具インテリア専門の展示会「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」でお披露目される。

 地方発ヒット商品開発の弱点といえば、素材や伝統の技術は素晴らしいのに、市場の大きい現代の都市生活者のニーズにマッチしていないことだ。自慢の技を持つ地域にマーケティングの専門家が入ってアドバイスすると高い質感を持った逸品が出来上がった。

 今回紹介する品々は11月25日から27日まで東京・ビッグサイトで開かれる展示会「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」でお披露目される。

国産和綿で働く女性をオフィスの冷えから守るショール&膝

 衣料品などの綿製品の原材料となる綿花はほぼ100%を輸入に頼っている。伝統の和綿作りから綿製品までを国内で有機無農薬栽培し、化学処理や染色を一切しない工程で商品を作るプロジェクトが、奈良県、大和高田市で進んでいる。とても安全性の高いものは作れるのだが、すべて手摘みで加工するためどうしても原料がコスト高になる。現在はギフト用のベビー服を作り、京都の百貨店1件だけで販売している。

 今回、この素材を使って働く女性向けの商品開発をあらたに試みることになった。まず市場ニーズをさぐるために、日経ウーマンオンラインの読者にアンケート調査を実施し、ショールや膝かけについてどのような要望や価格イメージを持っているかを調べた。

 この調査を踏まえて、こうした雑貨を扱う日本百貨店の安齋礼恵店長に、メーカーまで足を運んでアドバイスをお願いした。

地域の素材を生かして都市生活者の市場を狙う逸品が続々(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
地域の素材を生かして都市生活者の市場を狙う逸品が続々(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 訪ねたのは、大和高田市のニット製品メーカー3社。ショール作りは、細い糸を使った製品を得意とする高井ニットにお願いした。糸の太さや1本取りか2本取りか、編み方の種類や柄など、幾種類もの試作品から、市場ニーズを踏まえてさまざまなアドバイスを基に改良していく。

 その結果、軽くてふわふわの仕上がりで、かつさまざまなシーンで利用できる製品が出来上がった。  さらにショール以外にもいくつかの小物を他のメーカーさんと開発することになった。 「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」の会場でぜひそのその肌触りを実感してほしい。

地域の素材を生かして都市生活者の市場を狙う逸品が続々(画像)
[画像のクリックで拡大表示]