目新しい味も出尽くし、ここ数年の鍋つゆの売れ筋は、だし重視のオーソドックスな味に回帰している(関連記事「鍋つゆの新トレンドは『パウチの中でだしをとる』!?」)。爆発的なヒットがなかなか出ない状況のなかで、着実に市場を拡大し続けているのが個食タイプの鍋つゆだ。

 そのジャンルに先鞭(べん)をつけたのが、味の素。2012年8月に発売した「鍋キューブ」は、スタート時の3品から現在は7品に増え、2015年度の売り上げは初年度の3倍に伸びている。それに続きエバラ食品が2013年に発売したポーションタイプの鍋つゆ「プチッと鍋」シリーズも、発売初年度の3品から現在は7品に拡大。発売初年度の売り上げは9億円だったが、2014年度は18億円、2015年度は27億円と伸び続け、今期2016年度は35億円が目標だという(いずれも出荷ベース。2015年以降はポーション調味料の売り上げも含む)。

 こうした状況を見据えてか、今年は他のメーカーも相次いで個食タイプの鍋つゆの新商品を発売している。キッコーマンは2016年8月8日、同社初となる個食タイプの鍋つゆ「キッコーマン Plus鍋」シリーズ3品を発売。にんべんも、2016年9月に同社初となる個食タイプのパウチ「“だしが世界を旨くする”こだわり鍋シリーズ」3品を発売した。ストレートタイプの鍋つゆではシェアトップのミツカンも、2015年に発売した個食タイプの鍋つゆ3品を4品に拡充し、「こなべっち」シリーズとしてスタートさせた。3~4人前のストレートタイプで人気の味を、1人からでも楽しめるようにしたという。

 個食タイプの鍋つゆが発売され始めた当初、その背景には「家族でも食の好みがバラバラになってきている」という、嗜好の多様化も大きな要因と見られていた(関連記事「2012年『鍋』新トレンドは“ネオ韓国”、ひとり鍋もブレイク!?」)。しかしキッコーマンの調査では「一般的な個食タイプの鍋つゆを自分ひとりの食事のときに使用しているのは全体の26%にすぎない」という結果が出ている。

 それではなぜ個食タイプの鍋つゆの売り上げが伸びているのか。鍋つゆ市場はどこへ向かうのか。アレンジ提案、健康訴求という新たな切り口の商品を投入した2社への取材を軸に、市場の現状と今後を探った。

味の素の「鍋キューブ」シリーズは、2012年の発売時の3品から7品に増えている。予想実売価格はそれぞれキューブ8個入りで税込み410円前後
味の素の「鍋キューブ」シリーズは、2012年の発売時の3品から7品に増えている。予想実売価格はそれぞれキューブ8個入りで税込み410円前後
[画像のクリックで拡大表示]
エバラ食品の「プチッと鍋」シリーズも発売当初の3品から7品に拡大。各6個入りで参考小売価格280円
エバラ食品の「プチッと鍋」シリーズも発売当初の3品から7品に拡大。各6個入りで参考小売価格280円
[画像のクリックで拡大表示]
溶けやすさを重視したミツカン「こなべっち」シリーズはストレート鍋つゆの継ぎ足しにも利用できるという。各4袋入りで350円
溶けやすさを重視したミツカン「こなべっち」シリーズはストレート鍋つゆの継ぎ足しにも利用できるという。各4袋入りで350円
[画像のクリックで拡大表示]