恒例の垂れ幕が下がったサロン・デュ・ショコラの会場。地階と2階で行われた
恒例の垂れ幕が下がったサロン・デュ・ショコラの会場。地階と2階で行われた
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年10月28日から11月1日まで、パリ郊外、ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場で、サロン・デュ・ショコラ(チョコレート見本市)が開催された。2015年で21回目を迎えるこのイベントは、パリの秋の風物詩のような存在。ちょうどフランスの秋休みに開催されることもあり、会場は学生や子ども連れであふれていた。

 サロン・デュ・ショコラは、世界中のチョコレートブランドやメーカー、カカオの生産者から世界のトップに立つショコラティエまでが大集合する世界的な見本市。トレンドなどチョコレートのすべてがわかると言われ、まるで“チョコレート博物館”の趣になることから毎年話題になる。

 今年のテーマは「カカオの表現力、チョコレートの革新」。20周年で特別な催しが行われて華やかだった2014年(関連記事「【paris】ドレスショーから彫刻までチョコレート尽くし? サロン・デュ・ショコラが大盛況なワケ」)と同様に、2万平方メートルの会場に、展示者、ショコラティエ、パティシエ、その他のチョコレート専門家などの参加者が全40カ国から700人も集まった。昨年と劣らぬ勢いがあり、広い会場内は甘い香りと熱気に包まれた。

明治のブース前。試食を目指す、老若男女問わず…、人だかりが絶えなかった
明治のブース前。試食を目指す、老若男女問わず…、人だかりが絶えなかった
[画像のクリックで拡大表示]

 今年、このサロン・デュ・ショコラに日本から初参加したのが、明治だ。“チョコレートは明治”のフレーズを知らないものはいないだろう。日本ではチョコレート市場No.1(23.8%)のシェア(2015年3月現在)を持つ明治だが、フランス、欧州ではまったくもって無名である。

 そんな状況のなかで、明治は2014年9月に発売された「ザ・チョコレート」を携えて、満を持しての参加となった。「チョコレートの本場で、我々のチョコレートがどこまで受け入れられるかを確認したいのです」。今回の参加理由について、明治の菓子商品開発部長・伊田覚氏と、菓子マーケティング部マーケティング専任課長・佐藤政宏氏は口をそろえる。