本が好きで、「1日じゅう本屋にいても飽きない」という人は多い。「できれば本屋に泊まり込んで、心ゆくまで本を読んでみたい」という願いを持つ人も多いようで、2014年にジュンク堂書店が「ジュンク堂に住んでみる」と題した1泊2日のモニターツアーを開催したところ、定員に対して1000倍近くの応募があったという。

 そんな読書愛好家の夢をかなえてくれそうな“泊まれる本屋”がコンセプトの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」が、2015年11月5日、池袋駅西口前にオープンした。

 同施設は、訪日外国人観光客や国内旅行者をターゲットにした、簡素な素泊まりのホステルスタイル。占有スペースはカーテンで仕切られたベッドのみだが、自由に読める幅広いジャンルの蔵書を備えており、本棚の中に埋め込まれたベッドもあるという。

 運営しているのは、都内中心にデザイナーズ・リノベーション物件などを紹介する不動産のセレクトショップR-STORE(東京都品川区)。2015年10月24日から予約受け付けを開始したところ、直後から満室になる日が続々と増え、早くも予約が取りづらい人気宿泊施設になっているという。取材日(10月29日)時点では予約客の8割が日本人だというが、前日から外国人向けの世界最大の宿泊予約サイトBooking.comに登録したため、今後は外国人客も増えると予測される。

 本当に読書家の夢をかなえてくれる宿泊施設なのか。その答えを探るべく、オープン前の体験宿泊に参加した。

場所は池袋駅西口から徒歩1分(住所は東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階)。並びにスターバックスやファミレス「ジョナサン」、駅前にはファーストフード店やコンビニがある便利な立地。複数の飲食店が同ビル内にあり、素泊まりでも食事には不自由なさそう
場所は池袋駅西口から徒歩1分(住所は東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階)。並びにスターバックスやファミレス「ジョナサン」、駅前にはファーストフード店やコンビニがある便利な立地。複数の飲食店が同ビル内にあり、素泊まりでも食事には不自由なさそう
[画像のクリックで拡大表示]
約1700冊の本がそろっている館内。チェックイン は16時から、チェックアウトは翌11時。ベッドは30床あり、料金はベッドのサイズで異なり、スタンダードサイズ(129cm×205cm)が4500円、コンパクトサイズ(80cm×205cm)が3500円(金土祝前日は各1000円アップ)。クレジットカードか交通系ICカードのみ利用可能で、現金での支払いはできないので注意
約1700冊の本がそろっている館内。チェックイン は16時から、チェックアウトは翌11時。ベッドは30床あり、料金はベッドのサイズで異なり、スタンダードサイズ(129cm×205cm)が4500円、コンパクトサイズ(80cm×205cm)が3500円(金土祝前日は各1000円アップ)。クレジットカードか交通系ICカードのみ利用可能で、現金での支払いはできないので注意
[画像のクリックで拡大表示]

■変更履歴
「ブックホテル」を「ブックホステル」に修正しました。 [2015/11/11 12:10]